オリーブの島といわれる小豆島では古くから農業が盛んでした。とりわけ土庄町伊喜末地区は海に面していて非常に陽当たりが良く、砂地栽培を活かした「さつまいも」は甘味が強くホクホクとした食感で、島内でも大変人気があります。その理由は、穏やかに吹き抜ける海風とこの地域を見守る伊喜末八幡神社の馬場(秋祭りなど御神輿が集う場所)と同じ砂地で栽培していることが影響しているようで、昔からの栽培方法を大切に守り続けています。 現在、「陽当の里 伊喜末」という農業集団により、地区の農家皆で協力してさつまいも栽培をはじめ、麦、ごまや文化保全の取り組みをおこなっています。今では栽培量も減り希少になってきましたが、さつまいもは地区を代表する特産品です。 この地域の食文化や伝統など残る風習にも、さつまいもを中心としたものが多く見られます。 昔から島の甘味としても愛されてきた伊喜末のさつまいも。お菓子づくりや、焼き芋、天ぷらなどお食事としても幅広くお楽しみください。 

小豆島伊喜末サツマイモ「紅あずま」

SKU: se-pro-00002
¥3,500価格
  • ※画像はイメージです。 ※無選別のため、大きさ、形は不揃いです。傷み防止のため泥付きのものとなります。 ※寒い時期は温度の低い場所(10℃以下)で保存しないでください。 ※生鮮物ですので期限は目安となります。状態をよくご確認の上、お早めにお召し上がりください。