『せとうちのずかん』とは

「せとうちのずかん」は第3回瀬戸内国際芸術祭2016(平成28年)、「食プロジェクト」公認企画の飲食店として、小豆島・瀬戸内産の食財にこだわった食事・生搾りジュースの提供をスタートしました。


小豆島は食財豊かな島で、旬の味覚や季節の味わいなど一度に多くの種類を味わうことができるのも特徴です。それは、生産者や農業に携わる方々の努力の賜であり、好奇心旺盛な島民気質がそうさせているのだと感じます。

しかしながら食財探しの中で、市場に出荷できない規格外品の果物や野菜など活用されないものが意外に多く、そういった島の農作物を活用したメニューや特産品づくり、加工品の販売支援などをわたしたちはおこなっています。

代表の河端直之はこれまでも大阪、東京、横浜、名古屋などを拠点に、地域商材の販売、地域特産品の企画・製造・販売などを手がけてきました。小豆島においても、食財の魅力発信や特産品づくり、その販売サポートに加え、小豆島の原動力でありブランドの礎ともなる“農水産”を大切にする取り組みをおこなっています。

​季節に合わせて変化する

瀬戸内の食財を

味わってください。

季節で変わる島の豊かな食財を活かした食事と生搾りジュースを中心として、島ならではの食財を知っていただくために、食事のご提供と情報発信をおこなう、いわば、食の発信基地を目指しています。

 

わたしたちのお店では、季節の生搾りジュースや小豆島産の食財を使ったお食事、特産品の販売もおこなっております。また、島の見所はもちろん、食に関してのお話しや、運が良ければ(?)生産者の方とお話しいただいたりできますよ。

小豆島や瀬戸内の食財や情報を、あたかも“図鑑”を観るような、そんなお店を目指しています。

小豆島への旅の思い出のひとつとして、ぜひ「せとうちのずかん」にもお立ち寄りください。

会社概要

Company Profile 

商号/株式会社 せとうちのずかん

住所/〒761-4121 香川県小豆郡土庄町渕崎甲2130-6 

電話/0879-62-9176

FAX/0879-62-9178

代表取締役/河端 直之

業務内容

1.生搾りジュースの製造、卸売、販売
2.清涼飲料水及び食品の製造、卸売、販売
3.野菜・果実の販売
4.農産保存食品の製造、販売
5.就農・農業に関する支援、コンサルタント事業
6.製品の企画・開発に関する支援事業
7.グラフィックデザイン業及び広告・販売促進支援事業
8.出版、印刷業
9.前各号に附帯する一切の業務

アクセスマップ

Access Map

 

事業コンセプト

Business Concept 

地域に眠る“食財”を活用して

“豊かな暮らし”の再生を目指します。

腐っていなければ、仕入れはOKです!
が、わたしたちのモットーです。


少量でも、サイズが不揃いでも、食べるにも加工するにも大変なサイズでも、珍しいものでもOKです。
これまでは自家消費も追いつかず破棄していたものでも、(ご希望に添えるかどうかはありますが)きちんと購入させていただきます。
が、わたしたちのモットーです。


そんな中、嬉しいお言葉もいただけました。

仕入れをさせていただいている農家さんから、「今年は、せとうちのずかんさんがいてくださるので、思い切って植え付けができます!」

取り組んできて本当に本当に何よりも嬉しいお言葉です。


「やりたかったことができる!」
 

このお言葉に自信を持ってこれからも取り組んでまいります。


「今まで量、新品種の植え付けに躊躇していたけれど、残っても、失敗してもせとうちのずかんさんが引き受けてくださると思うと楽しくて、新しくやりたかったこともできて嬉しいです!」
わたしたちには、販路や商品開発のお手伝いはできても、農作業をお手伝いすることができません。ですから、わたしたちにできる最善のことで、地域の生産者の方々と力を合わせて取り組み続けていけるように考えています。


地域の農水産物を守ることは、地域の食習慣を守ることです。

食習慣を守ることは、地域の食文化を守ることに繋がります。

食文化を守ることは、暮らしの伝統を守ることに繋がります。

暮らしの伝統を守り伝えていくことは、その地域のアイデンティティの継承であり、何よりも豊かな暮らしの礎だと思います。

​これは小豆島だけでなく、全ての地域、集落、人々にも共通するものだと思います。だからこそ、せとうちのずかんでは農水産を大切にすることが持続継続可能な社会の根幹だと考え、これまでの繋がりや経験を活かし、持続継続可能な農水産業のお手伝いができればと考え取り組んでいます。

事業イメージ

Business Vision 

事業内容実例

Business Contents

●メニュー・レシピ開発

●販路開拓

●青果販売

●イベント企画

●新商品開発

●販売支援

​●地域支援

飲食店向けメニュー・レシピ開発サポート

都市部物産館への島産特産品の納入

生搾りジュース販売店(東京・名古屋・宝塚)への原料販売

大手菓子加工会社への原料販売

飲食店等でのマルシェ企画・運営、イベント企画、島産特産品の販売

生産者のオープンファームのサポート

島産食材を活用した新商品開発

販路拡大戦略の企画

補助金を活用した商品開発サポート

料理人との新商品共同開発、商品ブランディング、販売サポート

通信販売のサポート、ECサイトの構築・運営サポート

地域の活力再盛活動支援

風習・文化・伝統の継承活動支援

新着情報・活動報告・取り組み実績

News & Our Performance

 

2020.12.7

しょうどしま長命草を出荷しました

大口のしょうどしま長命草の乾燥葉を当社から出荷させていただきました。青森までの長旅となりますが、無事到着することを願っております。

2020.11.30

​HPをリニューアルしました

新たにオンラインショッピングを追加してホームページをリニューアルいたしました。

​農業系コワーキングスペース「Labo Setozu」の施設利用に関してのご案内も追加していますのでぜひご覧ください。

2020.11.14〜

​小豆島ふるさと村気球イベントに出店

11月14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)に小豆島ふるさと村にて夢気球イベントに参加いたします。

久々のイベントです。

​コロナ対策万全にしてお待ちしております。

2020.11.10

ふるさと納税返礼品に登録しました

小豆島土庄町の伊喜末地区のサツマイモ「紅あずま」をふるさと納税返礼品として登録させていただきました。

​これからも島の良いものを企画・登録していきたいと思います。

2020.10.23

リビングたかまつに掲載されました

リビング高松で「小豆島ぎょうざ」をご紹介いただきました!

並居る人気の餃子や餃子店の中で、

紙面の一面に小豆島ぎょうざをご紹介いただきました!

2020.9.14

​チャーシューライス新登場

牧豚チャーシューライスたまごのっけ、新登場!

チャーシューをご飯にドサっとのせて、上にはドカンと半熟の目玉焼き!

食べる直前に、ぶっかけ醤油ベースの掛けタレをお好みでかけて召し上がっていただきます。

ご飯はもちろん安田の新米を使用しています。

2020.9.11

安田の郷の新米が入荷しました

小豆島安田の郷の新米ですよ!

今年のはめちゃくちゃ美味しいそうですよ!

いやー早く食べたい!

釜炊きご飯でお召し上がりくださいませ!

2020.7.21

しょうどしま長命草を出荷しました

半年かけて、土壌検査して、質温度管理のログ取りながら、菌検査もして、工場見学や畑の視察もして、ようやっと青森の工場に出荷です。

2020.6.8

​おおぬで田園味噌をご紹介しました

豆島おおぬでの田園味噌を使ったお味噌汁が、東京で食べられます!

せとうちのずかんからご紹介させていただいた「おおぬで田園味噌」を、東京にある「フクロウ」様がご活用くださっています。

わたしたちは、『瀬戸内国際芸術祭2016』の公認プロジェクトを契機として、地域の方、生産者の方との接点・交流の機会創出に(=地元の方の活躍)、瀬戸内の豊富な果実・農作物の情報発信基地の創設に(=瀬戸内果実のアーカイブ)、健康な身体づくりと感性を育むお手伝いに(=島の愛情)、持続継続可能な事業として、生産農家さんの販路開拓に(=新商品開発)、プロジェクト参加による生産者の方の意欲向上に(=後継者問題)、小豆島を代表する力強い特産品づくりに(=地域ブランドづくり)貢献できることを目指し設立いたしました。


わたしたちが提供する生搾りジュースや食事は、来島者と地域の方との接点であり、媒体となるものです —
「ようこそ瀬戸内へ!ようこそ小豆島へ!」 — そのおもてなしの心を伝えるカタチだと考えています。
『瀬戸内国際芸術祭2016』のテーマは、「海の復権」とされていました。
海とは生命の源で、生命そのものでもあり、わたしたち人間にとってもかけがえのないものです。海の復権とは、生命溢れる暮らしを取り戻すことであり、心豊かな暮らしを見つめ直す機会だとわたしたちは考えました。

芸術祭では、芸術作品をはじめ周囲の自然そのものやその心・魂・生命に直接触れることで、鑑賞者は自分の中にある感性を揺り動かされ、より心豊かな人へ成長できるのだと思います。わたしたちの提供する生搾りジュースや食事は、その地域で育つ自然の恵み=大切な“生命”そのもので、人の血肉に染み渡り、より健康な身体と五感をつくり、感性を育むお手伝いができるものです。芸術作品(心・魂・生命)に触れ、豊かに感性が動くとき、感動が生まれる—。鑑賞者がその感動体験する全ての『瀬戸内国際芸術祭2016』の会場で、わたしたちのジュースや食事が欠かせないものになるようにと、2016年6月19日にオープンいたしました。

​芸術祭後の現在も、地元の方、観光客の方への食の提供を通じて、食財や小豆島に関する情報発信をおこなっています。

太陽と海と潮風が育む瀬戸内の宝箱。

 小豆島の食財をお届けします。

setozoo_logo_s.png

Setouchi-Zukan

- The Discover Inland Sea -

株式会社せとうちのずかん

〒761-4121

香川県小豆郡土庄町淵崎甲2130-6​

​電話:

©せとうちのずかん All Rights Reserved.

  • Facebook
tel.png